いまログ 芸能速報 @おまとめ

最新の話題や面白芸能ネタをおまとめしますー!(^^)!
他にも国内外のニュースもお届けします(・∀・)

    カテゴリ: アスリート


    武尊(たける、1991年7月29日 - )は、日本のキックボクサー、鳥取県米子市出身。K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST所属。現K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者。元K-1 WORLD GPフェザー級王者。元K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者。K-1 WORLD
    26キロバイト (2,896 語) - 2019年5月21日 (火) 04:37



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/05/21(火) 14:25:54.37 ID:KBL2Vxz69.net

    [2019年5月21日13時49分]

    ダウンタウン浜田雅功(56)が親しい芸能人らに誕生日を祝われたパーティーの模様を、妻でタレントの小川菜摘(56)が公開した。

    小川は20日更新のブログで、「親びん56歳の誕生日パーティーをしました」と、タレントのYOUや藤井隆、西川貴教らが集まったことを報告。韓国で流行しているうさぎの耳が動く帽子を夫婦で被った写真もアップし、「皆様、素敵なプレゼントを用意して下さり、親びん、終始笑顔爆笑 仲良しの仲間達に囲まれて、楽しい楽しいお誕生日パーティーになりました」とつづった。

    また、パーティーに出席したキックボクサーの武尊は同日、インスタグラムに、うさぎ帽をかぶった浜田夫妻の動画をアップ。周囲から「チューして」「かわいいー」などと冷やかされ「うっさいねん!」「最悪や」と苦笑いでボヤく浜田に、武尊は「大スターなのにみんなに優しくていつも笑顔でこんな人になりたいと思いました 本当におめでとうございます!!」とつづった。
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905210000345.html


    【【芸能】“K-1王者”武尊さん 「大スターなのにみんなに優しい…」 ←浜田雅功の誕生会が凄かったことを明かす(´∀`)】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。
    134キロバイト (19,147 語) - 2019年5月14日 (火) 00:39



    (出典 www.jiji.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/14(火) 13:06:58.00 ID:eOptVkAJ9.net

    3回無死三塁でツインズの右腕ベリオスから中堅バックスクリーン左へ

    ■ツインズ ? エンゼルス(日本時間14日・ミネソタ)

    エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦でメジャー復帰後初の本塁打を放った。
    2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場。二刀流選手による前例のない大手術からの復帰7戦目、
    この日の3回の第2打席で、ここまで今季6勝をあげているツインズのエース右腕ベリオスから今季1号の逆転2ランを放った。

    2試合ぶりにスタメンに名を連ねた大谷。この日の第1打席は、フルカウントからの7球目、ベリオスの外角低めへのチェンジアップを見極めれ四球を選んだ。
    そして迎えた第2打席、復帰後23打席でついに待望の一発が飛び出した。
    2点ビハインドの3回、先頭のラステラが左前安打で出塁すると、トラウトの右前安打に相手の失策が絡みラステラは生還、トラウトは三塁まで進んだ。
    1点を返し、なおも無死三塁で大谷がこの日の第2打席に立った。

    初球は内角へのカーブが外れてボール。2球目は見逃してストライク、3球目は内角高めへの真っ直ぐが外れボールとなった。4球目も変化球を見極めてボール、そして、5球目だ。
    真ん中付近に入った真っ直ぐを捉えた打球は中堅バックスクリーン左に飛び込む特大の逆転2ラン。
    メジャーでの本塁打は、昨年9月26日の本拠地レンジャーズ戦で放って以来、229日ぶりの一発となった。

    MLB公式サイトで、データ解析システム「スタットキャスト」担当の務めるデビッド・アドラー記者は自身のツイッターで、大谷の復帰初アーチを速報。
    これによると、打球速度は111.6マイル(約178.6キロ)、429フィート(約130.8メートル)の特大弾となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00374625-fullcount-base
    5/14(火) 9:36配信

    https://full-count.jp/2019/05/14/post370773/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=374625_6
    【動画】復帰26打席目で229日ぶり一発 大谷翔平、復帰後初アーチは中堅へ逆転の特大2ラン


    (出典 Youtube)

    2019年5月14日 大谷翔平 1号 逆転 2ラン ホームラン 3番 DH 出場

    https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2019051404
    試合スコア

    前スレhttps://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557795240/


    【【朗報】〈MLB〉大谷翔平選手 復帰後“初アーチ”が特大すぎると話題にwwwwww】の続きを読む


    平野 歩夢(ひらの あゆむ、1998年(平成10年)11月29日 - )は、日本のスノーボーダー(専門はハーフパイプ)。2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック2大会連続銀メダリスト。2018年現在、冬季オリンピックにおける日本代表選手として、最年少メダリスト記録保持者でもある。
    17キロバイト (2,037 語) - 2019年1月20日 (日) 10:11



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/12(日) 15:47:02.39 ID:8B5bxBu39.net

     【第3回スケートボード日本選手権 第3日 ( 2019年5月12日 新潟県村上市スケートパーク )】 東京五輪に向けた強化選手選考会を兼ねて行われ、8人で争われた男子パーク決勝はスノーボード男子ハーフパイプ五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(20=木下グループ)が65・70点で初優勝した。

     1本目は最後にミスが出たものの、高さのあるエアーとスピードで65・70点をマーク。3本目の前には優勝が決まり、最後はウイニングランとなった。

     3位だった3月の日本オープンと合わせて3位に入り、国際大会に派遣される強化指定選手入りは確実。日本人で5人目となる夏冬両五輪出場へ大きく前進した。


    2019年05月12日 14:27スケートボード
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/05/12/kiji/20190512s00107000196000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【朗報】平野歩夢選手が〈スケートボード〉初優勝!!! ←夏冬両五輪出場へ大きく前進*\(^o^)/*】の続きを読む


    小林 (こばやし たける、1978年3月15日 - )は、日本のフードファイター、実業家である。ギネス記録保持者(ピザ、パスタ、トゥインキー、ミートボール[要出典]、ハンバーガー)。アメリカ合衆国ニューヨーク市在住。 長野県長野市生まれ。長野県長野商業高等学校を経て、四日市大学経済学部卒業。身長173cm、体重58kg、血液型はA型。
    48キロバイト (5,666 語) - 2019年5月5日 (日) 22:59



    (出典 hot-fashion.click)



    1 muffin ★ :2019/05/08(水) 12:20:47.75 ID:7gGwCfo39.net

    https://www.cinematoday.jp/news/N0108461
    2019年5月7日

    トライベッカ映画祭(18th TFF)に出品された話題のドキュメンタリー作品『ザ・グッド、ザ・バッド、ザ・ハングリー(原題) / The Good, The Bad, The Hungry』について、“地上最強の胃袋”として名をはせたフードファイターの小林尊が、4月26日(現地時間)、単独インタビューに応じた。

    本作は、毎年アメリカの独立記念日である7月4日に開催される「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」で前人未到の6連覇を果たしたフードファイターの小林と、ライバルのアメリカ人ジョーイ・チェスナットとの対戦を振り返りながら、アメリカで大食い選手権が徐々にスポーツとして捉えられていく過程を描いたもの。ニコール・ルーカス・ハイムズが監督を務めた。

    大食いの大会に参加しようと思ったのはいつ頃だったのだろうか。「幼稚園ぐらいから普通の子供より食べられると思ってはいましたが、大学生の時にカレー店のフードチャレンジをやって、友達が失敗する中、僕だけ成功したので、ちょっと自分には特別な才能があるのかなと思い始めました。そんな時、当時付き合っていた彼女が『TVチャンピオン』に推薦してくれて。あの番組で優勝したことで一つの職として続けていけると思ったんです」と小林。その後、「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」のディフェンディングチャンピオンの新井和響との出会いによって、アメリカの大会に目を向けるようになったそうだ。

    2001年の大会で、新井の記録の倍の量のホットドッグを食べて優勝し、アメリカのメディアに注目されるように。その様子はスポーツ専門チャンネルESPNで放映された。「優勝したときのインタビューで、『これはスポーツで、準備をして出ているんです』と必ず言うようにしていました。ESPNが放映を始めたときは、大食いはスポーツじゃないと言っていた人でも、少しずつ考えが変わるんじゃないか、と期待したんです」

    ずっと連覇していく中で一番苦しかったのは、自分との戦いになることだったと小林は語る。「僕だけが勝っていると、小林は別の存在で、ちょっと特別な体を持っているんじゃないか、そういう風に取る人も結構いました。でも、ライバルが出てきて、自分の記録に迫る人が出てくると、やっぱり盛り上がるんです。僕と同じくらい食べる人が出てくると、他の選手の言い訳も無くなって、みんなのレベルも上がってくる。だから、(ライバルとなった)ジョーイの存在は大きかったと思います」

    大食い大会前のトレーニング方法については「水を飲んで胃のキャパシティを上げていきます。すると大会の頃には、飲む水の量が増えてくるので、胃の柔軟性が十分に高まったところで、大会に出る食べ物でシミュレーションしていきます。ただ食べるものは、食べるテクニックを磨くものなので、参加する大会によって違ってきますね」と小林。一方、精神面は「トレーニングの過程で気持ちが上がっていくタイプで、胃に入る量が増えていくことで、次第に気持ちも高まっていくんです。その期間は普段とはライフスタイルを変えてしまうので、人と外でお酒を飲むことが少なくなったり、部屋にいることが多くなったりします。自分のペースを作れないとストレスがたまるので、自分の世界に入っていますね」と明かした。

    「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」の大会に出場するようになってから、Major League Eating (アメリカ合衆国で開催されている早食い・大食いのスポーツ興行のシリーズ)と契約を結ぶことになったが、それは契約しないと出られないと言われたからだという。「色々細かく書いてあったのですが、その契約を結ぶと自分自身がやりたい活動ができなくなることを伝えました。すると、これをやってはいけないという別の契約を突きつけてきて。弁護士をつけてうまく立ち回ろうとしましたが、条件が厳しくなりすぎて……」数年後、契約を解消することを決断したそうだ。ビザのスポンサーもMajor League Eatingだったため、あえてリスクを負う道を選んだ形となった小林。現在もフードファイターとしてアメリカで活躍している。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    【【フードファイター】小林尊氏 「自分にはちょっと特別な才能があるのかなぁ…」 ←“アメリカ”で大食いアスリートとしての思いを語る(´∀`)】の続きを読む


    池江 璃花子(いけえ りかこ、2000年7月4日 - )は、東京都江戸川区出身の競泳選手。専門は自由形とバタフライ。2018年8月28日現在、身長171cm、リーチは186cm、足のサイズは26.5cm。ルネサンス所属。マネジメント契約先は株式会社ジエブ。2019年2月15日現在、個人種目11個とリ
    178キロバイト (8,212 語) - 2019年4月8日 (月) 07:44



    (出典 img2.news-postseven.com)



    1 豆次郎 ★ :2019/05/07(火) 16:28:26.25 ID:ltUb6f/v9.net

    2019年5月7日 16時00分

    白血病の治療を続けている競泳の18歳、池江璃花子選手のホームページが8日、新たに開設され、池江選手からのメッセージなどが掲載されることになりました。

    競泳女子100メートルバタフライなどの日本記録を持つ池江選手はことし2月に白血病と診断されたことを公表し、現在は治療を続けています。

    池江選手が所属するマネジメント会社によりますと、8日午前11時に池江選手のホームページを開設する予定で、池江選手のメッセージなどを掲載するほか、池江選手に送る応援メッセージも受け付けるということです。ホームページのアドレスは8日、公表するとしています。

    池江選手はこれまでツイッターなど自身のSNSを通じて病気と闘う心境や厳しい治療に取り組んでいる様子などを発信し、東京オリンピックの開幕まで500日となったことし3月には「まだまだ諦めないぞー!!」と投稿していました。

    マネジメント会社によりますと、今後、池江選手はこのホームページを中心にメッセージなどを発信していくということです。

    ◆豪州合宿を切り上げて帰国 白血病と診断

    池江選手はことし1月からのオーストラリアでの合宿中に体調不良を訴えて予定を早めて2月8日に帰国し、その日のうちに白血病と診断されました。

    そして2月12日に自身のツイッターで白血病と診断されたことを公表し、「私自身、未だに信じられず、混乱している状況です」と心境をつづり、そのうえで翌日再びツイッターを更新し「神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています。焦らず、周りの方々に支えて頂きながら戦っていきたいと思います」と闘病に向けた決意を示していました。

    白血病には急性か、慢性かなど、さまざまなタイプがあり、池江選手は詳しい診断名や治療計画などについては明らかにしていませんが、その後3月6日に更新したツイッターでは「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです。三日間以上ご飯も食べれてない日が続いてます。でも負けたくない」と厳しい治療に取り組んでいることをうかがわせていました。

    3月13日に「東京オリンピックまで499日まだまだ諦めないぞー!!」と再び投稿したあとはツイッターを更新していません。

    また先月には所属マネジメント会社から池江選手が日本大学のスポーツ科学部に入学し、水泳部に入部したことが報告されました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190507/k10011907651000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【水泳】白血病闘病中の池江璃花子選手 HP開設へ、、、←「HPを中心にメッセージを受け付けたり発信したりする…」マネジメント会社が発表(´∀`)】の続きを読む

    このページのトップヘ